神戸新聞 2007年7月12日(木曜日)夕刊 随想 5

土はどこから

 こどもの頃私は、大地に指でそっと描き始めそれを段々広げ、自分を包むような場所にするのが好きでした。不思議だったのはこの土はどこからやって来たのかということでした。そして少し大きくなり、大地の下に地層がある事を知り、人間の歴史が見えて来る事や地層に包み込まれた膨大な時間にあこがれを感じました。
 前回お話した埃を使った版画『ダストプリンツ』は14年ほどで600枚近くになりました。美術館で展示する時、時間の古い初期のものから順番に上に上にと天井まで重ね、吊るしたり、壁に沿わせたりして設置しています。一番天井に近い作品が現在に近い作品になります。場所は変わりながら一枚一枚私が関わったその空間の記録、私の時間、私の地層を表します。そしてその先に私の未来や死があるように思えます。
 若い時には日々の事や私の表現と、自分がいつか死んでしまう事について、さほどつながりを感じませんでした。
 淡路神戸大震災は人間も含む形あるものの行く末について具体的なイメージを私に与え、数年前に幸運にも私の腕の中で亡くなった両親の死は自分の限られた時間について考えさせられました。今死生観は全ての根底に横たわり私の生活や自分の表現とつながっています。
人が亡くなった時、火葬され灰や骨として又は窒素や炭素となって空中をさまよいいくぶんかは大地にたどり着くでしょう。
 何も持たずに生まれて来た私達が又、何かしらの証拠として大地に記憶を残し、何も持たずに死んで行きます。地層から生まれ地層に帰って行けるとしたら私はそこに深く美を感じます。
私は今、ここにいる事を考え続けています。土はどこからやってきたのか思いを馳せながら。
[PR]
by yurishibata | 2007-08-01 10:07
<< 神戸新聞 2007年7月30日... 神戸新聞 2007年6月27日... >>