<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「Force of Nature」 Van Every / Smith Galleries at Davidson College /AIR

e0033809_2363617.jpg
e0033809_2371947.jpg
e0033809_2374831.jpg
e0033809_23191424.jpg
e0033809_2323385.jpg
e0033809_2327371.jpg
e0033809_23285716.jpg


しばたゆり   作品タイトル:Material Works(マテリアル・ワークス)

 「自然のどこまでが私の一部で、私のどこまでが自然の一部なのだろうか?」「私のどこまでが本当の私で、どこからが私ではないのだろう?」しばたゆりは、作家として活動し始めた当初から、自分自身と自然との境界線について想いを巡らしてきた。こうした哲学的ともいえる問いが、しばたの作品に通底している。その答えを探して、身の回りにある「はかないもの」に注目し、作品を制作し続けている。今回滞在したデイヴィッドソン大学の展示では、同上のテーマをさまざまな方法を使って表現し、作品全体のタイトルを『Material Works』とした。
 大学内のギャラリーで「埃」を集めたしばたは、その日に集めた埃を素材にして、『Dust Prints(ダスト・プリンツ)』と題された版画を制作した。埃はその場にいた人々の被服や、古くなった皮膚からはがれた物質を含んでいる。だからこそ、『Dust Prints』は「その日」の集積であると同時に、そこに行き交う人々の軌跡でもある。我々もいつかは必ず「埃」となる。しばたの作品は、私たちに与えられた時間が確実に進んでいることを暗示する。
 『Air(エアー)』は、ラテックス(合成ゴム)で造られた円盤状のものに、裸の人が呼吸する映像が写し出された作品だ。映像の中の人の呼吸と連動して、ラテックスがまるで呼吸しているかのように上下する。人は皆裸で生まれ、裸で死んでいく。「生の証し」である呼吸を意識させられるからこそ、私たちはそれが止まるときのことをも連想してしまう。 
 『Material Color(マテリアル・カラー)』は、植物や動物の一部など、自然界にある素材を細かく切り刻み、それにニカワを混ぜて顔料を作り、それを使って顔料の素材となった物質を描いた一連の作品である。しばたはノース・キャロライナ州では「葛」や「鹿」そして自らの「髪の毛」を用いて顔料を作り、それで「葛」「鹿」そして「毛髪」を描いた。写実性という意味では、これほど写実的な作品は他にはないだろう。
 ひとつのモノが独立してあるのではなく、それらはみな「連鎖」している。この「循環」という観念は、今回このプロジェクトに参加した日本人のアーティストたちの多くに共通する考えだった。しばたにとって、世界とは自らの延長にすぎない。つまり、人間の存在そのものの延長が世界を形成しているのだ。従って、人と自然の境界線に関する問いは、実は、人間の本質、存在そのものを問うことに他ならないのである。



Kudzu 

   I used Kudzu for the first time when I encountered it on an uninhabited Japanese island. The Kudzu was interesting and I impulsively took some back and used it in my work. The Kudzu field, within Davidson College’s cross-country trails, is a wonderful place where you can see deer and beavers.  I remember the strong emotions this field gave me.  I am thankful that I again had a chance to use Kudzu, which was brought to The United States from Japan in the 19th century. 

Hair 

   Hair is a measure of my time – growing longer as I exist in time. I collected the hair used in this work from my hairbrush. I believe these hairs are a part of my body.  In my performance, I will cut off my hair and separate it from my body. This act will make the hair a simple object.   


White Tail Deer 

   There are many wild animals in southeastern United States.  I have seen wild deer, rabbits and beavers in the kudzu field where I worked a few afternoons.
   I received a tanned hide from a White Tail Deer and removed the deer’s fur. I cut the fur into small pieces and separated it by color. I was immersed in the scent of deer. I felt the existence of the deer, which was there just a moment ago.  

Dust Prints 

   I believe every particle of dust is a record of time and space.  By sealing it in thin paper, which I call Dust Prints, I reveal the layers of time.  Each layer represents the exact moment I moved and existed.  I have been in The United States for 45 days, and I have uncovered the 45 layers of time and space.   
 

Air
The Breath of a Person 

   What part of me is really me?  Do I exist in here?  I want to explore the relationship between other people and myself and between the inside and the outside of a person. In order to understand this relationship, I decided to focus on the air around all of us.  I wonder how many breaths are taking place in the world at this moment.

 
 
I would like to thank Cort Savage, Rick Fitts, and Gavin Weber for helping me realize this project. 
 

 Earth 
I created this work with earth. There was a lot of beautiful soil at a construction site near Ms. Nancy Smith’s house (the house where I stayed in Davidson.) I took some of this beautiful earth and began this work.   
 

MATERIAL WORK AIR
The Breath of a Person, 2006 
 
MATERIAL WORK HAIR
Performance, October 12, 2006 
 
MATERIAL COLORS

These objects no longer exist as they did,
but are conduits of their past.  

Material Colors No.35   Hair        
Material Colors No.36   Kudzu  
Material Colors No.37   Earth       
Material Colors No.38   Deer        

DUST PRINTS
45 pieces
 


ホワイトテールディア(鹿)

多くの野生動物が南東の合衆国にいます。私はいくつかの午後を扱ったkudzu分野で野生の鹿、ウサギ、およびビーバーを見ました。

私は、白いTail Deerから日焼けされた獣皮を受けて、鹿の毛皮を取り除きました。私は、毛皮を小片になるまで切って、色でそれを切り離しました。私は鹿のにおいに浸されました。私は鹿の存在を感じました。(ついさっき、その鹿は、そこにちょうどいました)。




ダストプリンツ

私は、ほこりのあらゆる粒子が時間と空間に関する記録であると信じています。この埃の版画をDust Printsと呼びます。埃を紙に刻印することによって、私は時間の層を明らかにします。そのレイアーは私が生きていた正確な瞬間を表します。45日間合衆国にいて、私は45日分の時間と空間をすくい取りました。


私はどこからどこまでが本当に私ですか? 私はここに存在しますか? 私は人々と自分の内部と外部との関係について見つめたいと思います。私は、この関係を理解するために私たちのすべての周りの空気に焦点をあてました。この瞬間世界中で同時にたくさんの息吹を感じます。
 
私がこのプロジェクトでコート・サヴェージ、リック・フィッツ、およびギャヴィン・ウェーバーの協力に感謝申し上げます。





髪は私の時間の基準です。私が生きる時間とともに髪の毛は長くなります。滞在中髪をとかすして出て来る髪を集めました。これらの髪が私の身体の一部であると信じています。私のパフォーマンスで、身体と髪を切り離します。この行為は体の一部だった髪の毛が物に変わる瞬間です。

Kudzu

初めて日本の無人島で葛を見つけ使用しました。出会った葛はとても美しく私は描きたい衝動にかられて思わず葛を取って作品の素材に使いました。ディヴィッドソン大学のクロスカントリーの葛の野では鹿やビーバーやうさぎがいる素晴らしい所です。私はとてもその葛の野に感動しました。私は又葛に出会えて感謝しています。実は葛は19世紀に日本から合衆国に持って来られ今では南部を覆いつくしていましす。



土で制作しました。多くの美しい土がナンシー・スミスさんの家の近くの建設現場にありました。私がディヴィッドソンにいた家私は、このいくらかの美しい土でこの仕事を始めました。



マテリアルワーク : ヘアー
パフォーマンス 2006/10/12

-そのモノたちは、すでにそこになくなり、
しかしそれについて語る伝達者となった。-

マテリアルカラーズ No.35 Hair
マテリアルカラーズ No.36 Kudzu
マテリアルカラーズ No.37 Earth
マテリアルカラーズ No.38 Deer

ダストプリンツ
45 枚
[PR]
by yurishibata | 2008-01-31 00:15

 「ニッポン vs 美術 近代日本画と現代美術:大観・栖鳳から村上隆まで」

e0033809_2223577.jpg
e0033809_2248950.jpg
e0033809_22483843.jpg
e0033809_22492899.jpg
e0033809_22524249.jpg


タイトル :Material Colors No.30 西山の鹿
制作年度 :2006
展示サイズ:1304×10904 mm
素材   :鹿毛皮/紙に素材粉末
作家蔵

タイトル :Material Colors No.31. 丹波の猪
制作年度 :2006
展示サイズ:1063×1404 mm 
素材   :猪毛皮/紙に素材粉末
作家蔵

タイトル :Material Colors No.32. 紅葉
制作年度 :2006
展示サイズ:1000×650 mm
素材   :紙に素材粉末
作家蔵

タイトル :Material Colors No.33. 萩
制作年度 :2006
展示サイズ:900×700 mm
素材   :紙に素材粉末
作家蔵

タイトル :Material Colors No.34. 落とし角
制作年度 :2006
展示サイズ:530×70 mm
素材   :鹿角/紙に素材粉末
作家蔵

鹿毛皮 :1190×800 mm
猪毛皮 :1060×870 mm
鹿落とし角 : 355×450 mm

展覧会  :「ニッポン vs 美術 近代日本画と現代美術:大観・栖鳳から村上隆まで」
大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室 (大阪府)
2007年10月28日(土)~12月10日(日)
[PR]
by yurishibata | 2008-01-30 23:00